対話の時間

にょろにょろが教えてくれたこと

 

みなさんに呼んでもらいたい名前があります!

って、びっくりしますよね♡

突然のようで、長い道のりがあります。

 

お時間と興味がありましたら読んでください。

 

 

小学校時代に、自分の名前の由来について調べる授業がありませんでしたか。

成長を振り返り、多くの人の支えにより大きくなったこと、親からの愛を感じることが趣旨なのだと思いますが

「意味ねぇ…〇ちゃん(叔母)が調べてくれて画数で決めたから」という一言でした。

 

授業で「わたしの名前は画数で決めました~!」とおちゃらけて発表しました。

 

わたしの名前には意味がない…。

恥ずかしくて寂しくて、笑って封印したはずなのに、、

 

振り返ってみると、時々こっそりとにょろにょろと出てきました。

どんなときに出てくるかというと、素敵な名前がついている人と出逢ったとき。

憧れと嫉妬の気持ちを感じました。

 

 

にょろにょろの存在に気づいたのは、自己対話をはじめて1年ほど経ったころ。

一緒に学んでいた友たちにも聞いてもらい、「どんな名前でも呼び名でも、わたしはわたしだ」にたどり着いたのですが、

同時に、本当はほしかったもの(「意味」「選択する」など)を満たすために、自分らしい呼び名がいつか見つかったらいいな、と思いました。

 

しっくりくるものがないまま2年が過ぎ。

 

先日ふと出てきた、さとうの「さ」とようこの「よ」

ふたつをつなげた「さよ」。

不思議としっくりする感覚がありました。

ずっと遠くのほうを探していたけれど、すぐ近くに大切なものをみつけた感覚でした。

とはいえ、

呼ばれてみて、なんか違う…と思ったら、その時はその時♡

 

決めたら貫く、とか

周りに迷惑をかけないようにする、とか

手放していきます。

 

2022年のスタートとともに、「さーよ」と呼んでいただけたらうれしいです。

 

今まで通りにしか呼べない、というかたがいたらそれでも大丈夫。

呼んでもらえるかどうかが大事ではないので、安心してください。

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございます。

2022.1.8

〜軽やかに伸びやかに自由に〜

共感communicationファシリテーター Sāyo

 

 

共感コミュニケーションメールレター配信

 

にょろにょろが時々出てきたのは、大事にしたかったことを忘れないためでした。

 

あなたの中にもにょろにょろ、いませんか。

いるようないないような

たぶんいるわ~

 

ちょっと向き合ってみたい…と思ったら、お声掛けください。

 

わたしはあなたのにょろにょろを退治することはできないけれど

見つけて言語化し、ほしかったものを一緒に抱きしめることはできます。

 

こちらのリンクにエンパシーサークル体験(ほっとカフェ)や、セッションを受けてくださったかたのインタビューを載せています。

メールレター配信・LINE公式で情報もお届けしています(内容は同じ)。

本メールアドレス宛に空メールを送信していただくか、QRコードを読み込んでご登録ください。

nvc.miyashiro-apply@satolog1114.com

LINE公式QRコード

 

-対話の時間

© 2022 Sayolog