共感コミュニケーション

安心できる場所

 

地元宮代での航海術が終了しました。

航海術は生きかたや子育て、相手との関係性において自分が本当に大事にしたいこと(指針)をみつけるワークショップです。

グループで3日間を通して視点を内側に向ける筋肉をつけ、生き方の指針を探します。

 

今まで当たり前だと感じていた視点やかけていた眼鏡をもう一度見直す3日間。

たくさんの発見や捉え方を知るツールもあり、その発見はゴールではなくてスタートになります。

 

なぜなら今まで染みついた思考は、悔しいことに面倒くさいことに、簡単には変えられないのです。

 

だからこそ

「日々の中の違和感や気づきを言語化していく」→「それを聞いてもらえる場所がある」

ということに、大きな意味があります。

 

聞いてくれる人は身近にたくさんいると思いますが、ただ共感してくれる人って少なくありませんか。

 

すご~~い!とやたら褒められたり、こうしたほうがよかったんじゃない?とアドバイスされたり、わたしなんてもっとこうなのよ…と塗りかえられるなんてこと、けっこうありがち。

 

いただいたアンケートより

  • それぞれ大事にしたいものが全然違うことがおもしろかった。自分を縛っていたものがたくさんあって、しかも全く気づいていなかったことに気づけてよかった。
  • 1つのテーマに対して、相手が話す内容が自分の中にもあることが多くてびっくりした。
  • 自分の感情やニーズを相手が一緒に言語化してくれたことで、気づくことがいっぱいあった。
  • 自分の心にみんなが共感してくれる安心感がものすごくあった。
  • 1回目のぎこちない雰囲気から、3回目を終えるころにはお互いがお互いを尊重しあっている雰囲気に変化していて、すごく心地よいと感じた。

 

普段は忙しすぎて目を向ける余裕がないから、自分を大事にする時間を意識的にとる。

身体のメンテと同じくらい、大事な時間です。

 

なにが変わっていくのかというと、感情の受け入れ方が変わり、心のスペースができます。

一発で効くような万能薬でも魔法でもないけれど、ジワジワっとしみ込んで

わたしの生活や生き方を変えるきっかけになりました。

 

終わるのが寂しい…とわたしを含めてみんなが思えるほどあったかい場になったのは、参加してくれたみんなのおかげです。

一緒に場をつくってくれたえりちん、どうもありがとう。

 

「共感」をベースにした対話の場は、温泉みたいでじんわり身体があたたまってぬくぬく。

一人一人のパワーがあふれ出して循環します。

 

なにができてもできなくても、成果を出せても出せなくても、そのままでいいよ~と受け入れ、受け入れられる。

そんな安心できる場所があったらいいなと思いませんか。

 

航海術について

気になるけれど少し不安、参加してみたいなど、お気軽にメッセージください。

 

共感コミュニケーションの無料体験会もしています。

宮代町立笠原小学校 陽だまりサロンほっとカフェ

お気軽にご参加ください。

 

---------------------------------------

 

公式ラインやメールレターも細々とですが配信しています(内容はどちらも同じ)。

【公式ライン】

https://lin.ee/45kCaee01

【メールレター配信】

本メールアドレス宛に空メールを送信していただくことで、送信元のメールアドレスを自動的にユーザー登録することができます

nvc.miyashiro-apply@satolog1114.com

-共感コミュニケーション

© 2021 Satolog