メールレター

メールレターより

非暴力コミュニケーション(NVC)を知って、変わったわたしの日常をメールレター配信しています。

今日送ったメールレターの内容を記事で紹介いたします。

 

==================

 

高校3年生の息子が通っている学校の保護者会があり、モヤモヤしたことがあるのでご報告です。

 

今年度からセンター入試がなくなり、共通テストになります。

受験改革とコロナ、大きな渦が息子たちを巻き込もうとしています。

 

保護者会に参加するかどうかを散々迷った挙句に参加したものの、

コロナにこの暑さ、来る人なんているのか…と思いつつ、行ってみたら

なんと8割以上が参加していました。

ワン!みんな意識高い系~~!

 

自分で行くことを決めたものの、やっぱり「受験生の親たるもの、こうあるべき」という先生からの指導の時間…。

教えその1. 今の成績で志望校を決めない。なぜなら現役生は試験当日まで伸びるから。

教えその2. 今の成績で弱気にならない。第一志望を変えない。今志望校を下げるとモチベーションが落ちて、学力の伸びが止まるから。

 

それは、誰かが勝って誰かが負けるという、現在の社会のしくみの中では正解なのかも。

わたしの中でモヤっとしたのは、そこに子どもの気持ちが含まれていなかったから。

今すでに、模試でA~C判定なら、もっと学力の高い大学を目指すことも勧められました。

 

偏差値で大学を選んでいない息子は、判定が悪くても諦めません。判定がよくても変えません(本人談)。

その大学で学びたいことがあるから選ぶ。

変えるか変えないかが重要ではなくて、そこにどんな願いがあるか。それをサポートするべきじゃない?

というわたしの「べき」が発動したわけ。

 

帰り道、モヤモヤと向き合います。

どうしてわたしが「子ども自身が選択するべき」にそこまでこだわるのかを探求していく。

 

あ~、またか…。

小さいときに自己選択できなかった痛みが襲ってくる。

そっかそっか、

あの時も本当は自分で決めたかったんだね、とひょこっと出てきた小さなわたしを抱きしめます。

NVCでは願いをニーズと言うのですが、その時欲しかったものが「選択」「価値の承認」「自由」だったと分かると、

それを満たすために自分ができることへパワーを向けられます。

 

今の教育の出来ない部分や批判をする、にパワーを使うのではなく、

願いに向かって自分のパワー、エネルギーを使う。

 

大きなモヤモヤや怒りを感じるとき、自分の痛みや願いが眠っています。

答えを相手に求めるのではなくて、自分の中に見つける。

自分の中に眠っていたラブ(愛)がパワーに変わっていくのを感じています。

日々忙しい中ではついつい自分を後回しにしがち。

自分と向き合う時間を作りませんか。

 

今月の活動です。

NVC×クラフト(モノ作り)

15日(火)10:00~12:00

25日(金)10:00~12:00

ホームページをご覧になって作りたいもの、やってみたいこと、コースをお選びください。

クラフトバンド・トールペイント・ドライフラワーリース・けしごむハンコ・マクラメプランツカバー作り・パン作り・お箏体験・FacebookやTwitter、ブログの始め方・庭作りのお手伝いなどがあります。

Koko Colorホームページ

共感カフェ

26日(土)10:00~12:00 笠原小学校内陽だまりサロン

ニーズカードを使ったワークショップです。

参加費無料。

お問い合わせ、申込みは繋がっているSNSまたは、こちらから。

詳しくはコチラ

メールレター配信

メールレター配信、申し込みについて

-メールレター

© 2020 Satolog