学ぶ

育てるを共に考えるシンポジウムに参加しました

うりんこくらぶクリアファイル

うりんこさん主催の「育てるを共に考えるシンポジウム」に参加してきました。

じわじわと満たされていく一日でした。

 

欲しいと感じていたものが何かというと…

共感コミュニケーションを学び、ずっと欲しいと感じていた自分の軸のようなものをやっと手に入れました。

それまでは相手にどう思われるか、どう行動したら正解かを常に考えていたんです。

わたしと同じように、無意識の中で周りに合わせて疲れている人はたくさんいるはず。

たくさんの人に共感コミュニケーションを知ってもらいたい。

ありのままの自分でいられる優しい輪を広げたい。

 

「子育て航海術」を主催することを決めましたが、場所の確保は大変だったし、人も思うように集まらず…。

もがく中で痛感したのは、自分が「これ、すごくいい!」と思うことを誰かに知ってもらえるベースは、関係性の築き方とそのための自分のありかたなんだ…ということでした。

子育て航海術を受けるまで、傷つかずにすむように安全柵を設け、相手が必要以上に入ってこない関係づくりをしてきたんです。

思いを伝えたくても、届けかたが分からない。届けられる人が少ない…。

人とつながりたいと思いつつ、つながることに躊躇している自分の殻を破りたい。

 

「コミュニケーションとはなにか?互いの違いを尊重する在り方とはどういうものか?」を体感として得ることのできるワークショップ。

参加し終えたとき、あれ?

欲しいと感じて芽を出した「つながり」「コミュニティ」「ニーズを満たす力」がグンと育ってる。

出会ったばかりの方々と「どうしてこんなに打ち解けちゃったのかしら!?」と思うくらいの早さで、安心安全な場に変化していて驚きました。

会が終わったとき、いつの間にかたくさんの方と繋がれていました。

前に進むパワーで、心が満たされていました。

うりんこくらぶ

五感が喜ぶ体験を。共に喜び、作り、食べ、働く喜びを。

ノーマライゼーションを目指し、オトナもコドモも《ココロが豊かになるイベント》を運営します

NPO法人うりんこくらぶより

「みんなで一緒に支え合っていこう」という、うりんこさんの目指しているものを五感で感じられて、心地よく温かい場でした。

 

問題を出して解決に向け出来ることを探すワークでは、つい時間がかかるものに目が行きがちでしたが、すぐにできることがあることにも気づかせて頂きました。

わたしが今すぐにできることは、参加して感じたことを書いて表現すること。

自分ができることを、もっともっと探して行動していこうと思います。

-学ぶ

© 2021 Satolog