うりんこくらぶ・まんまる

エディブルフラワーの種まき

お久しぶりです。

コロナでここ数ヶ月、今までと違った日常を送っているかたが多いと思います。

みなさん、お元気ですか。

わたしは3月末で勤めていた園を退職して、みやしろ森のようちえんの活動に参加しています。

緊急事態宣言が出されたため森のようちえんも活動自粛中です。

やりたいことはたくさんあったのに、動きたい気持ちを塞がれるような感覚・・・。

そんな中、2月のシンポジウムに参加させてもらったご縁で「まんまるエディブルフラワープロジェクト」に参加させてもらうことになりました。

まんまるさんの新しく始めようとしていたプロジェクトも、コロナの影響でオープニングイベントが中止に。

オープニングイベントの代わりに、みんなでエディブルフラワーの種をまいて各自で育て、大きくなった苗を持ち寄って会えることを楽しみにする・・・という素敵なイベント。

種や土のセットを受け取ったので、早速まいてみました。

エディブルフラワーとは?

エディブルフラワーって聞きなれない言葉ですが、日本語で言うと食用花のことです。

食用花って菊くらいかと思っていました。

わたしが受け取った種はビオラとオフィキナリスの2種類。

ビオラがお皿に載っている写真は見たことがあるけれど、飾りではなかったのですね~。

どんな味がするのだろう♪

オフィキナリスは初めて聞く名前で、検索してみたけれど正体不明です。分からないので、ワクワクします。

種まき

こちらが受け取った種植えセット。

左がオフィキナリスで、右がビオラの種。

オフィキナリスの種が・・・

干からびた虫みたいで、ちょっと気持ち悪い(笑)

苗育ポットに土を入れて、水をかけます。

オフィキナリスをまいて、

ビオラ・・・小っちゃい!

上から薄く土をかぶせます。

霧吹きで水をかけたら種まき終了です。

下に置いた受け皿はキャンプ用クーラーボックスの蓋です。

どれがどちらの種が入っているか分かるように、マスキングテープで印をつけておきました。

ピンク印がビオラ、ドット模様がオフィキナリス。

人も植物も一緒だね

種から育てるって難しくて、実は今まで何度も失敗しています。

失敗するから挑戦しないと壁を作ったり諦めたりせずに、やりたいと思ったことはやってみる。

気になったら覗いてみる。ワクワクは止めないぞ。

庭の畑の野菜もいつもは苗を買って植えていたのですが、今年は種をまいてみました。

芽が出ても出なくてもいい。

乾いたら程よく水をあげながら、育つと信じて見守る。

人も植物も一緒ですね。

芽が出るのを楽しみに待ちます。

 

エディブルフラワープロジェクトについて

NPO法人うりんこくらぶ

 

-うりんこくらぶ・まんまる

© 2020 Satolog