宮代町

はじめまして、とあらためまして

 

宮代生まれ宮代育ち。今は「宮代町が好き」と言えますが、以前は宮代にはない知名度や便利さを気にして、住んでいる場所を誰かに言うことは避けていました。

振り返れば自分に対しても同じ。「これが足りない」「あの人みたいになれたらいいのに」と、ないものばかり気にしていました。

 

自分と向き合う時間の中で、自分の中にあるものに気づきはじめると、周りの人や身近な足元にあるものが見えるようになりました。

わたしの住んでいた町は、緑にあふれて、空気が美味しく、きれいな花が咲き、人の温もりがいっぱいでした。

外から内側へ視点を変えたら、町とも自分とも地域で同じ思いを持っている人たちともつながりだしました。

あらためまして、こんにちは。

佐藤洋子(さとうようこ)と申します

Profileページを覗いて下さり、ありがとうございます。

 

「色々やっているんだね~。把握しきれないよ」「全部つながっているの?」と聞かれることが多々ありますが、繋がっているような繋がっていないような、うまく伝えるのが難しい。

主となる活動は決めておらず、どれも大切にしています。

どれか1つでも興味をもってくださって、つながることができたら嬉しいです。

宮代町家庭教育支援チーム

宮代町家庭教育支援チームは、保育士・幼稚園教諭・児童発達支援員・小中高教諭等のメンバーが集まり活動しているボランティアグループです。

立ち上げメンバーとして運営に携わり、いくつかの活動をしています。

チームができるまで、今の保育や教育、そして未来の教育について、町内に住む同じ思いをもつ仲間と対話を重ねました。

「同じ思い」は一人ひとりの個性を大切にできる、多様性のある教育や社会です。

家庭教育支援チームが母体となっている活動です。

みんなの家な学園

毎週日曜日の午前中、小学生を対象にイエナプランプレ授業を農園で開催していて、苗の育て方から収穫、畑の整備、市場流通や運営方法に至るまで、子どもたちが主体となって計画し、活動しています。

子どもたちが畑で探究活動をしている傍らで、大人は自分の畑を耕したり、麦わらや棕櫚など身近にある自然素材を用いた手作業を楽しんだりもしています。

おしゃべりをしながらモノ作りをする時間は楽しいです。

子どもの居場所だけでなく、大人にとっても、そして活動しているわたしたちにとっても、心地よい場所になるといいなと思っています。

みんなのほっとカフェ

チームの活動には2つの大きな柱があります。

  • みんなの家な学園:イエナプランを取り入れた学習サポート
  • みんなのほっとカフェ:共感コミュニケーションをツールにした悩み相談

2つの柱を土台に「癒しと多様性を実現した親子の居場所づくり」を目指します。

笠原小学校内の陽だまりサロンをお借りして、月に一度共感コミュニケーション体験会を開いています。10月は13日に開催予定です。

宮代町在住のかたはもちろん、町外のかたもご参加いただけます。

その他

その他、イエナプラン学習体験会English編などを経験豊かなチームメンバーの力で開催しています。

詳しい活動内容についてはFacebookをご覧ください。

みやしろ森のようちえん

宮代町に、子どもたち一人ひとりの個性を大事にした教育や保育が少しずつ広がっています。

みやしろ森のようちえんは、今年4月常設化になりました。

わたしは昨年から見守りボランティアや保育士として活動に参加しています。

まだまだ残っている“平均的であることがいい”や“みんなに遅れないように頑張る”という概念。

子どもを信じて見守るということは簡単なようで難しいですが、森のようちえんに参加するとそれがどんなことかを体感できると感じています。

月曜日に公開保育をしています(現在は夏休み中)。

自然の中で伸び伸びと自分を表現して育つ、森のようちえんの子どもたちの様子を覗きに来てください。

共感コミュニケーション

NVCは、マーシャル・ローゼンバーグというアメリカの臨床心理学者が体系づけたコミュニケーションの方法です。

参考

NVCと出会う前のわたしは、安心安全だと思える狭い場所で生きていました。

今、自分のやりたいことを、失敗や回り道を怖がらずに選択したり表現したりできるようになりました。

生きかたを大きく変えるきっかけになり、自分や周囲の大切な人を、大切にできるコミュニケーションツールを伝える活動しています。

自分に優しくなれると、自然と相手にも優しくなれる。

そんな世界が広がったらいいな。

 

NVCのエッセンスを盛り込んだ、自分軸(コンパス)を探すワークショップ「子育て航海術」の開催や、個人セッション、グループワークを行っています。

多様性を認め合える場所が広がったとき、本当に選びたい自分の選択も、相手の選択も、どんな選択があってもいいと思える社会を育みたい。

子どもたちにも、自分の気持ちを大事にしていいんだよ、と伝えていきたいです。

おしばな屋

昨年末から今年の春にかけて受講したわたしたちの月3万円ビジネスという講座をきっかけに立ち上げました。

庭の花を使って趣味で作っていた押し花の販売や、押し花を使ったアート作品を作っています。

「やりたかったことを、今やれることに変えられる」が3ビズのテーマです。

庭の花を趣味で押し花にしていたけれど、まさかビジネスにつながるなんて考えもしませんでした。

講座では自分の中にあるワクワクを追求したり、仲間との繋がりを育むPODを繰り返したりと濃くて楽しい時間を過ごしました。

おしばな屋

押し花を通じた出逢いやコラボ作品も生まれています。

自分にはなにができるんだろう、小さくても自分の足で立ってみたいと思うかたは、ぜひ3ビズに参加してみてください。

無印良品

東武動物公園駅前に秋にオープンした無印良品で働いています。

MUJI ブックス担当です

完成予想図(ryohin-keikaku.jpより)

求人を読んだとき、「やりたいことと、わたしの得意が生かせそうなことがつまってる」「でも、こんな働き方ができるのかな」と思いました。

気になるなら聞いてみようと面接に行き、ご縁あって採用していただきました。

初めての職種でまだまだ戸惑うことも多いですが、働き方含めてチャレンジしたいと思っています。

その他

今、興味のあることは、自然素材でもの作りすること。

左:トウモロコシの皮 右:棕櫚

天然酵母や手作り味噌など自然のものから、身体に優しい食べ物をつくること。

大切にしているのは、だれかと対話する時間や自分を大事にする時間。新しいことに挑戦するときのワクワクです。

 

はじめましてのかたも、あらためましてのかたも。

どうぞ、よろしくお願いします

-宮代町

© 2021 Satolog